忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仕事で使ってるサーバの大半はCentOSなんですが、たまにFedoraが混じってたりします。
Fedoraの場合、サービス管理にはsystemdを経由しますが、こいつがたまに思った通りに動いてくれません。

CentOS用に作ったkyototycoonのRPMパッケージを、Fedora用にパッケージし直し、いざ起動するとすぐ停止してしまいます。
kyototycoonのログを見ると、起動した形跡はあるが、直後にシャットダウンされている模様。
起動直後に、ステータスみると確かに殺されている。

# /etc/init.d/ktserver status
ktserver.service - LSB: KyotoTycoon Server
          Loaded: loaded (/etc/rc.d/init.d/ktserver)
          Active: deactivating (stop) since Fri, 07 Dec 2012 12:03:05 +0900; 1s ago
         Process: 32573 ExecStart=/etc/rc.d/init.d/ktserver start (code=exited, status=0/SUCCESS)
        Main PID: 32578 (code=exited, status=0/SUCCESS); Control: 32581 (ktserver)
          CGroup: name=systemd:/system/ktserver.service
                  t 32580 /usr/bin/ktserver -port 1978 -dmn -li -log /var/log/ktserver.log -pid /var/run/ktserver.pid -th 64 -sid 2 -mhost taudience01.hogehoge.com -mport 1978 -rts /data/ktser...
                  t 32581 /bin/bash /etc/rc.d/init.d/ktserver stop
                  m 32650 sleep 1
同じパッケージを入れている別のサーバではおきなかったりして、今のところ原因不明です。

とりあえず回避方法として、systedを経由せずに起動させています。
やり方は簡単で、起動スクリプト中に以下のシェル変数を定義すればOKです。

【変数】
  SYSTEMCTL_SKIP_REDIRECT=yes

値は便宜上yesにしましたが、何でもOKです。
 
PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 技ブロ All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]