忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CentOSでVMを作る際、virt-installコマンドでインストールをしていると、再起動したらVMの時刻がずれている、という経験をした人も多いと思う。
対処方法としては、virsh editで、VMの設定情報の下記の箇所を変更すればよい。

変更前)  <clock offset='utc'>
変更後) <clock offset='localtime'>

それで、この変更がどのような影響を及ぼすのだろうと、VMの挙動を見ていたら気になったことがあった。

(1)clock offset がlocaltimeのVMを起動すると、起動中に以下のメッセージがあった。
  rtc_cmos 00:01: setting system clock to 2012-03-15 14:14:47 UTC (1331820887)

(2)clock offset がutcのVMを起動すると、起動中に以下のメッセージがあった。
  rtc_cmos 00:01: setting system clock to 2012-03-15 05:26:15 UTC (1331789175)

(1)→(2)の順番で試してたが、それぞれ行末の丸括弧内の数字に注目すると、時間が前に戻っている。
このことから、以下のような挙動をするんじゃないかと推測している。

【推測】
 (1)VMは起動時に、ホストマシンのUNIXタイムを読み込む。
 (2)clocl offset の設定がutcの場合、VMは時刻としてその値を採用する。
 (3)clock offset の設定がlocaltimeの場合、VMはホストマシンのUNIXタイムに
   ロケールによる修正を加えた値を、時刻として採用する。

時間があるときに裏付けをとってみようと思う。

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 技ブロ All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]